2014年01月19日

欧米のファストファッション

ファストファッションといえば、欧米のブランドというイメージが強いと思います。
何しろ、欧米のファストファッションブランドといえば、GAPやH&M、ZARAなど、世界的なアパレルメーカーが多いです。
GAPは、直営店で販売するという製造小売業の草分け的存在として知られており、現在のファストファッション業界を語る上で欠かせない企業です。
しかし、時代が下るにつれてGAPは、H&MやZARAに追い抜かれてしまうなど、ファストファッション業界の変遷は著しいです。

ファストファッションといえば欧米ですが、欧米という一言でブランドを語れるわけではありません。

ファストファッションというと、欧米の中でも特にアメリカというイメージがある方も多いと思います。
しかし、実はアメリカ以外のファストファッションメーカーの方が勢いを持っており、海外に広く展開しています。
たとえば、GAPはアメリカですが、H&Mはスウェーデン、ZARAはスペイン発祥のファストファッションブランドです。
また、ファストファッションも低価格化が目覚ましく、GAPはもはや安いというイメージではなくなってしまいました。
その理由としては、ファストファッションという業界の構造自体が考えられます。
ファストファッションは、単価が低いぶん、大量生産・販売することで利益を確保しています。
欧米の国々でも、自国だけで十分なマーケットを展開することが難しいファストファッションは、自然と海外進出を視野に入れて運営することとなります。
その他にも、欧米の中でも小規模の国々から有名なファストファッションブランドが多く輩出されています。
そのため、欧米発のファストファッションブランドが非常に多いのです。
特にファストファッションブームを巻き起こした欧米のアパレルメーカーといえば、GAPが有名です。
また、H&Mは現地生産によりコストカットを、ZARAは多品種少量生産により在庫管理のコストカットをしています。
このように、欧米のファストファッションといっても、価格・デザイン・品数・商品展開スピードなど、それぞれ特徴が異なります。
posted by ももたろ at 15:33| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

ファストファッションのデザイナー


このようなファストファッションブランドでは、まさに数の勝負というところがあります。
なぜなら、ファストファッションは商品のサイクルが速く、常に新しい商品を店頭に並べなくてはなりません。
そのため、ファストファッションでは常に最新の流行を把握し、企画できるデザイナーを抱えています。
また、ファストファッションのデザイナーは流行を追いかけつつも、ブランドに合ったデザインをする必要があります。

ファストファッション企業によってデザイナーの数は異なります。

ファストファッションのデザイナーは、大量生産を目的とした商品をデザインしなくてはなりません。
そのため、デザイナーの中にはファストファッションで働くことを嫌う方も多く、ネームバリューを損なうと考えている方もいます。
では、どのような方がファストファッションのデザイナーとして働いているのでしょうか。
ファストファッションではしばしば、デザイナーに対してデザイン能力はもちろんのこと、定番商品を作れる判断力を求められます。
そのため、ファストファッション企業によっては、デザインの専門学校を卒業しているよりも、ショップでの販売経験、実務経験を重視しているところもあります。
現在ショップ店員として働いており、ファストファッションのデザイナーになりたいと考えている方は、とりあえず企業の中途採用に応募してみることをおすすめします。
大量のデザイナーを抱えているファストファッション企業なら、意外とスムーズに採用されるかもしれません。
ファストファッションの有名企業であるユニクロなどは、ベーシックスタイルが基本ですので、デザイナーの数はあまり多くありません、
一方、H&Mなど、トレンド・デザイン性を重視するファストファッション企業では、数百人のデザイナーが存在しています。ファストファッションにおいて、デザイナーを最大限生かすことは非常に重要です。
しかし、それゆえにデザイナーにとってファストファッションのスタイルに向いている方、いない方に分かれます。
ファストファッションのデザイナーを志す方は、自分の目指す方針と企業のスタイルが合致するかどうか、よく考えることが大切です
posted by ももたろ at 15:46| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

ファストファッションの縫製


海外の従業員に縫製を任せるファストファッションでは、文化の違いなどもあり、従業員の質や教育の仕方によって、出来に差が出てくることがあります。

ファストファッションブランドのイメージは、一般的にデザインが重視される傾向があります。
そのため、有名なファストファッションブランドといえど、すべてを完璧に行うことは難しいです。
実際、昔は縫製が悪かったファストファッションブランドも、久しぶりに購入してみると、以前よりも作りが良くなっていると実感できることもあるでしょう。
実際にファストファッションを利用している方は分かると思いますが、縫製がしっかり行われておらず、簡単に解けてしまった経験がある方も多いと思います。
また、ファストファッションはコストカットのため、縫製に時間とお金を費やしていない場合もあります。

ファストファッションは安いから仕方ないと、縫製について大目に見ている消費者も多いと思います。
また、多少お金がかかっても縫製のしっかりしているファストファッションブランドを選ぶ消費者は多いです。
コストだけでなく技術の良さも大切なのだと気付いたファストファッション業界では、従来よりも全体的な縫製の技術が上がっているといわれています。
そのため、縫製の腕の良い従業員のいる地域や工場は、ファストファッション企業にとって重宝されます。
特にファストファッションは、低価格で商品を提供しなくてはならないため、海外に製造工場を抱えています。
衣類の縫製は、どうしても人間がやらなくてはいけない部分が出てきます。
しかし、ファストファッションの縫製は、デザインやコストと同じくらい重要です。
いくらデザインが良くても、数回着ただけで解れてしまうようなファストファッションブランドは、誰にとってもネガティブなイメージにしかなりません。
実際、ファストファッションの製品は、デザインが良いのに縫製が悪く、残念な思いをしたという方が多いです。
消費者はファストファッションブランドを選ぶ時、縫製の良さについてもしっかり考慮する必要があります
posted by ももたろ at 16:33| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。